どの原産国のキャットフードがよいか

どこの国のキャットフードがよいか、どのキャットフードが良いかと、愛猫に与えるキャットフードについて頭を悩ませる飼い主さんが多いのですが、どこの国のフードでもいいのです。
愛猫が喜んで食べて、健康でいられるフードが一番です。
もちろん、成分を確認し、栄養バランスの取れたフードを選ぶのは飼い主としての責任です。

外国産のプレミアムフード、ヒューマングレードのフードが良いといわれますが、肉がメインとなっているのは、肉が安いからです。
肉食の猫にとっては評価すべき点ですが、国内産のフードにもあります。
日本国内では肉が高いために、国内産でありながら輸入された外国産のフードと同レベルの価格となっています。

日本のペットフードの安全性への取り組みは遅れているといわれますが、2007年にアメリカやカナダ、ヨーロッパ、南アフリカで起こったペットフードの大量リコール事件(ペット大量死事件)のようなことは起こっていません。
全米飼料検査官協会AAFCOやヨーロッパペットフード産業同盟FEDIAFなどの規準、規制を参考に日本のペットフードに関する法律や規制が行われるようになったといわれます。
日本ペット工業会は自主基準を持っており、また、各企業もさらに厳しい自社基準を持っていることが、これまで事故が起こっていない大きな要因だと推定できます。
つまり、キャットフードの安全性については先進欧米諸国に劣らないということです。

不幸な事件を経た現在では、欧米諸国やオーストラリアなどでは、キャットフードをはじめとするペットフードの生産から販売まで、規制も強化されています。
ですから、原産国によって良し悪しはほとんどありません。
フードメーカーによっては使用する原材料も確認することができますので、原材料がどこから来たものかもしっかり確認し、フード選びに活用するといいでしょう。
外国産のフードを選ぶ際には、輸送方法にもよりますが、かなりの時間を要し、気温や湿度の変化にもさらされていますので、変質のリスクもあります。
また、価格面でも低い物でも約1.5倍、高いものは約3倍になっています。

国産は日本に住む猫を対象にしており、こだわりのフードも増えてきていますので、併せて検討するといいものが見つかります。