原産国と原産地は違う

食品表示法には生鮮食品に関する「原産地」と、加工食品に関する「原料原産地」と「原産国」の表示に関して規定が設けられています。
原産国は、完成品を製品として送り出した国です。
例えば、キャットフードの魚の缶詰は、魚を加工して缶詰として輸出した国がタイであれば、原産国はタイとなります。
魚の本質的な部分は変えずに、キャットフードという新たな価値を付加する加工という工程を経て送り出された国ということです。

原産地は、生鮮食品が生産された都道府県名、市町村名、その他一般に知られている地域名です。
きのこ類のように、海外で菌を植え付けた原木などを輸入し、日本港内で生育した場合は国産となり、生育した都道府県名や地域名が原産地となります。
水産物の場合は、水域名、水揚げ漁港名、水揚げした漁港が属する都道府県名などです。
輸入品については、原産国名を表示しますが、水産物については水域名も併記することができます。
精肉・青果・鮮魚の生鮮三品のうち精肉については国産表示が認められていますが、それ以外は外国産を除いて、都道府県表示をしなければなりません。

畜産物や水産物は、生育地が途中で変わることがあります。
他県で生まれた子牛が松阪で育てられ、松阪牛となるような場合です。
この場合は、生育期間が長かった地域を原産地として表示します。
さらに水産物では、船籍で産地が決まる場合もあります。
日本の領海内であれば、国産ですが、公海上で日本船籍の船が獲った魚は国産となり、アメリカ船籍の船が獲った魚はアメリカ産となります。
ただし、魚の獲れた水域名は併記されています。

加工食品の原料原産地は、加工食品でも加工度が低く生鮮品に近い定められた加工食品群について表示が義務となっているものです。
これは、原料が加工食品の品質を左右するものだからということです。
原材料と添加物の重量の50%以上の重量を占めるものについて表示するものです。
ローストビーフは表示対象となりませんが、牛たたきは対象となるように基準はわかりにくい面があります。
重量割合が50%未満であっても表示が望ましいとされてはいますが、任意となっています。