穀物入りフードのメリット・デメリット

穀物入りキャットフードのメリットは、まず、食物繊維です。
食物繊維は、グルーミングなどで飲み込んだ毛をからめとり、うんちと一緒に排泄してくれます。
腸内を通るときに腸への刺激にもなり、蠕動運動を促進し、腸内環境を整えてくれます。
そのほかにもタンパク質やビタミン、ミネラル、カロチンなど多くの栄養素を含んでいます。
また、穀類の中でもエネルギー効率の高いとうもろこしは、小麦とともに猫が生きていく上で重要なエネルギーの供給源となっています。
消化性を高めたとうもろこしや大豆は、エネルギー源として多くの療法食にも使われています。
キャットフードの製造においても、とうもろこしや小麦が粒の形を整えるのに大きな役割を果たしています。

デメリットとしては、猫は糖質を分解する消化酵素アミラーゼをわずかしか持っていませんので、過剰に摂取すると消化吸収ができませんので、消化不良から下痢などを引き起こすことがあります。
また、身体は入ってきた穀物を消化しようとアミラーゼの生産をしますので、すい臓などの臓器の負担にもなります。
自然の中でネズミから摂取する穀物の割合が1~2%であることからすると、30~40%というキャットフードに含まれる割合はかなり高いものです。

穀物入りのキャットフードは肥満や糖尿病などの病気の原因になるという記述が多くありますが、直接的に病気に関係しているという証明はされていません。
キャットフードに含まれる穀物が原因というよりも、高脂質食、過剰給与、運動不足などが原因である可能性が高いようです。
主食以外におやつを欲しがるだけ与え、運動をしない、させないという飼い主が原因となるオーバーカロリーが問題なのです。

キャットフードに使用される穀物には、とうもろこしや小麦以外にも、米や大麦、玄米、さつまいもなど多くの種類があります。
穀物入りキャットフードは、それらを適量配合することによって、キャットフードの栄養バランスを安定したものにしています。
飼い主が適量を守り、上手に利用すれば、愛猫の健康を維持してくれる強い味方になってくれます。